属さない

中高校生のときによくある、女子の世界にある「グループ」。

昔から私は「属する」というのが苦手で、

どちらかというと1人で将来こんなことして、あんなことして、、と

妄想ばかり考えてモチベーションあげたり、夢や希望でわくわくしてた。

分かりやすく言うと

「いわゆる隅っこで本を読んでたり、1人でいる人」

 

中学のときも、女子はいろんなグループがあって

私は、どのグループにも属さなかった。

案の定、あるグループからはいろんな陰口やいやなコトをされた。

でも、なにされても言い返すことはしなく、あっけらかんと私は無視をし続けた。

 

今大人になって思うけど、当時、怒りはあったけど

そんなことより、自分にはやりたい事がある!早く大人になりたい!って

そんな気持ちが大きかったことを今でも覚えてる。

 

女子で集まって、あーだこーだとほんとどうでもいい話しで盛上るのが

楽しいはずなのに、私はそれがどうしても苦手で、、、

大人になっても人数が多いランチ会とか楽しいんだけど

日常のたわいもない話しを自分がするのが苦手だし

そうゆう場所にいくとどうしたらいいのか分からなくなる…

何を話せばいいのやら..と。

そうゆう時はやっぱり悪循環で上手くまわらない。

 

大人になった今でも、属さない は変わらなくて、、、。

 

もちろん!

お仕事のこと、イベント企画でのお話、打ち合わせについては

アツく話したり討論したりします。

 

で、あるきっかけで頑張るのをやめました。

 

コミュニケーションを頑張らなくたっていい。

パワーを注ぐ相手にしっかりと伝える。

 

いろんな場面でいろんな感情、経験して今に至るけど、

距離感を大事に意識をし、

人とお付き合いすることで、自分も心地いいし上手くまわっている。

 

 

属するグループで自分のイメージが決まる。

 

例えば誰か強いキャラクターのある人が1人いるだけで

あの人がいるグループね!とか….

 

例えば、グループの中で、提供メニューをもの凄い低価格でやってる人がいたら

なんか自分までもチープな印象をもたせてしまったり。

そういうイメージが、自分にとって不本意でも、

受け入れる以外の選択肢はない。

 

だからっていって、グループに属することがNGじゃなくて、

自分のパワーを共有できたり、エネルギーを注ぎあえる

自分にとって心地いいグループなのか?が大事になると思う。

 

これはお仕事の面でもいえること。

 

どんな人と話して

どんな人と共有して….

 

自分が感じて目で見て選択していかなくてはいけない。

 

14429139_1763413983918612_1881847576_n

 

BIBIKO

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)